魂の成長、徳が高いとは

チャネリング123

魂の成長、徳が高いとは

チャネリングをするための準備や、その過程において、魂の成長を言及する場合があります。私には、よくその意味が分からないのですが、私なりの解釈では、きっとそれは宗教でいうところの徳を積むとか徳が高い人を指すのではないでしょうか。
どんな人かというと、荒行に耐えた人のようです。1週間飲まず食わずとか。何日も寝ないとか。冬に滝に打たれるとか。

苦しさを味わうことをいうのかな。でも、私は宗教法人をしていないからよくわからないのですが、わざわざ苦行をしなくても、日々の生活が苦行だからと思ってしまいます。笑
今は多くの社会問題があります。毎日何時間も休みなしで働いたり、パワハラに耐えたり。生きるか死ぬかをさまよって生きている人もたくさんいます。

それこそ、魂が成長しそうです。でも、スピリチュアルの世界では、そういう人を、波動が低い人と呼ぶようですから、魂の高さと忍耐は関係がないのかな。私は、最近、幸せになるとかならないとかすら、エゴだと思って、そんなことをいったら、そもそもスピリチュアルの幸せに生きること、人生で輝くこと、お金持ちの勝ち組になることすら、どうでもよくなっています。
だから、心が安定して生きていかれるのかも知れません。

私もサイトを始めた頃は、そんなことを考えていました。でも、今は思わなくなっています。ありのままといえばそれまでで、向上心がないといわれるかもしれませんが、エゴを捨てることが一つの徳を積むことならば、苦行に耐えて人に褒められることはたいして徳にはならないように思います。
お客さんの中に面白い質問をした人がいます。

愛や光のスピリチュアルエネルギーをお金を出して買ったのですが、愛はお金で買えるのでしょうか。
愛ってよくわからないけど、私は人はエゴですから、生きている限り難しいと思います。ただし、愛という定義を一つ言えば、自己犠牲ではないでしょうか。

そういう人を、セルフイメージが低く物事を成し遂げることができない人と言いますが、自己犠牲ほど、痛みを伴う苦行はないと思います。
だから、スピリチュアルセッションでいう愛っていうのは、また違う意味で使われているのでしょうね。

PageTop

お問合せ、お申込み



チャネリング123 よん

サポート サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。