オリジナルのチャネリングにこだわる理由

チャネリング123

オリジナルのチャネリングにこだわる理由

占いも、スピリチュアル系も、共通する箇所がたくさんあります。
使うツールやそれに伴って表現が違ってきますが、意味はだいたい同じだと思います。

ツールとは、占いではご存知の通り、星占いやタロット占いなどのカード占いなど。これらは占い師さんによって、捉え方、表現が違うそうですね。
スピリチュアル系では、フラワーエッセンス、オーラソーマ、パワースポットなど。超スピリチュアル系では、チャネリングや透視、高次元や高次のエンティティ系。さらには、過去世、カルマなど。

これらも、やる人によって、解釈や表現が変わってきます。
もっといえば、その人なりの解釈ということになります。
つまり、チャネリングや透視までは、技術といえますが、その後に続く技術を通して、見ました、聞きましたという高次の仕組みやエンティティの存在や過去世やカルマは、その人なりの解釈だと私は思っています。

だから、そこにこだわりを持たないことが、私のこだわりです。
簡単にいえば、解釈にこだわらないということです。解釈というのは、そもそもその人の知識から紡ぎ出した言葉で表現したことですから、当然重きを置きません。

今の業界では、解釈主義なかんじがして、わたしは不思議で仕方ありません。
重きを置かない理由は、解釈を入れないほうが、上手なチャネリングができるからです。

よく受講生さんから聞かれる質問は、どうやって意識とチャネリングから来ている言葉かを区別できますかというものですが、
解釈主義に走るスピリチュアル好きな方がわかりません。私には、それらは同じに思えるのです。

とはいえ、これも一つの解釈だとすれば、受講生さんが自分がピンとくるチャネリング講座を受けることがベストなのだと思います。

PageTop

お問合せ、お申込み



チャネリング123 よん

サポート サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。