- チャネリング講座123の方法なら簡単

チャネリング123

HOME > 用語解説

易しい用語解説

よん流の用語解説です。

チャネリング

電話と同じで、決められた番号にかけると、その相手が出てくれます。決められた番号は、質問を指し、相手は、回答を指します。

リーディング

リーディングとは、さまざまな形で来た回答の意味を知ることです。形は、人によって違い、ビジョンで受け取る方や、言葉が聞こえる感じの人、体感型の方などがあります。

ハイヤーセルフ

チャネリングをして聞いたところでは、「本来の自分」という回答でした。実際にやってみると、なんでこんな事がわかるんだろうと、自分自身に驚くでしょう。そのため、ハイポジションにいるという意味でハイヤーと名づけられたのでしょうが、あなた自身が行っている事に変わりはありません。

高次の存在

高次の存在といういい方は、スピリチュアル独特の概念と考えています。チャネリングをする先として、天使や神様、または前世やアカシックレコードなどがありますが、私は、確証できない事より、得られる意味が重要と考えます。人によりやりやすいフィルターがありますので、どう表現してもいいかと思います。

瞑想

瞑想のやり方は、10人10色と言われています。講座で行う瞑想は、リラックスの目的で行う、シンプルなものです。悟りを開くような何年もかかるイメージとは違いますが、チャネリングから得る答え自体が、悟りといえると思います。

カードリーディング

カードを使ったチャネリングのことです。受講の際は、天使カードやタロットカードを用意してください。タロットの場合は、上下は関係なく占います。私が愛用しているカードは、マーメイド&ドルフィンカードと大天使カードです。

エネルギー

目に見えないけれど、意味がある事やモノ。

PageTop




チャネリング123 よん

サポート サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。